全日本総合空手道連盟 競技規定 

Youtube のコンテンツは現在の Cookie 設定では表示されません。"コンテンツを見る"を選択し、Youtube の Cookie 設定に同意すると閲覧できます。詳細は Youtube のプライバシーポリシーをご確認ください。Cookie の利用は、Cookie 設定からいつでも変更できます.

コンテンツを見る

2023年度 競技規定

【フルコンタクトの部】

総空連初代理事長の空手の命は眼突きと金的攻撃であるとの考えに少しでも近づけるためにオープンフィンガーグローブを採用し、従来のフルコンタクトルールに顔面直突きを加えたルールを採用します。1996年1997年に採用した金的蹴りは今回の顔面突有りルールでも参加者があれば次回採用する予定です。顔面突き有りのフルコンタクトルールでも出場できる選手を募集いたします。


〔1〕 防具
(イ)ボクシング用ヘッドギア※パーフェクトタイプ可
  * 有段の部決勝戦はヘッドギアなしで行う。
(ロ)オープンフィンガーグローブ着用
(ハ)足脛サポーターは布製でスポンジ等の緩衝材が入っているものを着用

(二)金的カップ着用

〔2〕 競技判定
(イ)顔面直突き(ストレート&ジャブ)有り
(ロ)KOおよび合わせ一本(3ポイント)
1. 上段への手技攻撃は正拳直突き(ストレート・ジャブ)のみ有効とする
2. 中段への手技攻撃はストレート・フック・アッパー・下突き・裏拳・手刀・肘打が有効
3. 上中段への足技は反則規定にない技は有効
4. 下段への攻撃は回し蹴りのみ認める
(ハ)判定基準
1. 上段への直突きでの顎が上がる程の的確な打撃=有効(1点)
2. 攻撃による逃避の為に相手が背を向けた場合、攻撃により相手が下がり片足が完全に試合場から出た場合=有効(1点) 

3. 上中下段への有効な打撃により2秒未満の戦意喪失(一瞬動きが止まる)=技有(2点) 

4. 有効な攻撃により相手が2秒~3秒以上、戦意が停止した時=一本(3点)
5. 相手が反則した時=1点※警告なし(反則加点)

(ニ)試合時間
  2 分 
(ホ)延長戦
1. 先取り1点勝負 
2. 再延長は組手では行わず旗判定にて決する
※無差別級の場合、決勝以外は本戦引き分けで体重差が20%以上ある場合は軽い方を勝ちとし、20%未満の場合は延長戦~旗判定にて決する


〔3〕反則
1. 背後からの直接打撃
2. 金的攻撃、頭突き、体当たり、踵落とし、上段肘打ち
3. 上段への正拳直突き以外の掌底、アッパー、フック、バックハンドブロー、肘打ち

4. 掴み、投げ
5. その他、〔2〕協議規定にないもの

〔4〕観客応援・セコンド規定
1. 選手同士の1対1の純粋な試合とするためと飛沫抑制として応援は拍手のみとする
2. 指導者等のアドバイスは試合場入場までは可能とします
3. 選手や審判へのヤジは業務妨害として退場とします

〔5〕肖像権
選手、関係者の大会場での肖像権は一般社団法人 日本伝統道振興会に帰属します

【防具組手の部】

〔1〕 防具
(イ)面防具はウイニングス社製スーパーセーフを推奨
 ※または面前面部がポリカーボネイト製であれば可とする

*寸止め用不可
(ロ)胴防具は胸部上部から帯直上まである胴防具(スーパーセーフ胴等ハードタイプ可)
(ハ)拳サポーターは布製でスポンジ等の緩衝材が入っているもの
(ニ)足脛サポーターは布製でスポンジ等の緩衝材が入っているもの
(ホ)男子は金的カップ着用

〔2〕 競技判定
(イ)加点方式で先取りのみを加点する
(ロ)加点方法=先取り5点、一本勝負
1. 上段への手技攻撃はポリカーボネイト部分のみを加点する
2. 中段への攻撃は帯を含む防具部を有効とし加点する
(ハ)加点詳細
1. 上中段への的確な正拳直突き(ストレート)での打撃=1点(効果)
2. 上中段への的確な回し蹴り・後ろ回し蹴り・後ろ蹴りでの打撃=1点(効果)
3. 攻撃により逃避の為に相手が背を向けた場合、攻撃により相手の片足が完全に試合場から出た場合=1点(効果)
4. 上中段への的確な前蹴り、足刀蹴りでの打撃=2点(有効)
5. 試合中に相手が転倒した瞬間に正確な突きを寸止めで決めた時=3点(技有り)
6. 有効な攻撃により相手が一瞬(2秒未満)、戦意が停止した時=3点(技有り)
7. 有効な攻撃により相手が2秒~3秒以上、戦意が停止した時=5点(一本)
8. 相手が反則した時=1点※警告なし(反則加点)
(ニ)試合時間
全部門=1分30秒
(ホ)延長戦
1. 先取り1点勝負
2. 再延長は組手では行わず旗判定にて決する

※無差別級の場合、決勝戦以外は本戦引き分けで体重差が20%以上で軽い方を勝ちとし、20%未満の場合は延長戦~旗判定にて決する 


〔3〕反則
1. 防具以外部分への打撃
2. 金的攻撃、頭突き、体当たり、肘打ち、膝蹴り、踵落とし
3. 掌底、アッパー、フック、バックハンドブロー、頭突き
4. 掴み・投げ、下段への回し蹴り(足払い可)以外の攻撃
5. その他、〔2〕協議規定にないもの

〔4〕応援・セコンド規定
1. 選手同士の1対1の純粋な試合とするためと飛沫抑制として応援は拍手のみとする
2. 指導者等のアドバイスは選手試合場入場までは可能とします
3. 選手や審判へのヤジは業務妨害として退場とします

〔5〕肖像権

選手、関係者の大会場での肖像権は一般社団法人 日本伝統道振興会に帰属します

日本伝統武道と日本伝統芸道の力で日本を元気にしていきます。
是非、ご協力をお願いいたします。

*大駐車場完備 

茨城県龍ケ崎市中里3-2-1 

※圏央道「阿見東インターチェンジ」をご利用いただけると便利です。